読込中......
 
東京紙商健康保険組合
HOME お問い合わせ

【重要】新型コロナウイルスへの感染リスク軽減のため、極力郵送によるお手続きをお願いします。
  各種手続きについて、すべて郵送での届出が可能となっておりますので、窓口への来所はご遠慮ください。

X
 
お客様ID :
パスワード :
パスワード忘れ  会員登録
メニュー一覧

健康保険給付ガイド

本人・家族がなくなったとき

ホーム > 健康保険給付ガイド > 本人・家族がなくなったとき

本人・家族がなくなったとき

被保険者(本人)が死亡したときには、扶養されていた遺族に「埋葬料」が支給されます。
また、被扶養者(家族)が死亡したときには、被保険者に「家族埋葬料」が支給されます。
ただし、家族や身近な人が全くいない場合には、実際に埋葬を行った方に、埋葬料の範囲内での実費が「埋葬費」として支給されます。

 

  埋葬料

被保険者がなくなった際の「埋葬料」は、法定給付(法律で定められた給付)として一律5万円と、付加給付(紙商健保独自の給付)として一律3万円(退職後を除く)が支給されます。
*埋葬料を受け取る遺族がいない場合は、実際に埋葬を行った方(知人など)に、埋葬料の範囲内での実費が「埋葬費」として支給されます。
*「埋葬費」は、葬儀代のほか、霊柩車代、霊前への供物代、僧侶への謝礼なども含まれます。ただし、飲食代は含まれません。請求にあたっては領収明細書を添付してください。

 

  家族埋葬料

被扶養者がなくなった際の「家族埋葬料」は、法定給付(法律で定められた給付)として一律5万円と、付加給付(紙商健保独自の給付)として一律2万円が支給されます。

 

  手続き

「埋葬料(費)請求書」に、死亡診断書(写)・市区町村長の埋葬許可証(写)のいずれかを添付し、事業所経由で健保組合へ提出して下さい。

 

  届出用紙ダウンロード

埋葬料(費)請求書

届出用紙ダウンロード

 

届出用紙記入例

 

お問い合わせ
お問い合わせ先
業務課 平日9:00〜17:00
電話 03-3666-2522