読込中......
 
東京紙商健康保険組合
HOME お問い合わせ

【重要】新型コロナウイルスへの感染リスク軽減のため、極力郵送によるお手続きをお願いします。
  各種手続きについて、すべて郵送での届出が可能となっておりますので、窓口への来所はご遠慮ください。

X
 
お客様ID :
パスワード :
パスワード忘れ  会員登録
メニュー一覧

紙商健保のご案内

健康保険のしくみ

ホーム > 紙商健保のご案内 > 健康保険のしくみ

健康保険のしくみ

健康保険組合(以下健保組合)とは健康保険事業を営む公法人です。健保組合が運営主体だからこそのメリットがいっぱいあります。

 

  健康保険制度とは

健康保険制度とは、病気・けが、および出産・死亡など不測の出費にそなえて、働く人たちが収入に応じて保険料、また事業主(会社)も負担して、不足の事態に必要な医療や手当金を給付し、生活の安定を図ることを目的としてつくられた社会的制度です。国民は法律によって加入を義務づけられています。
また、こうした助け合い(相互扶助)の精神をもとに、病気やけがをしたときの生活保障や日頃の健康増進を目的にさまざまな事業やサービスが展開されます。
 

 

特色

勤労者の相互扶助
勤労者の福祉を図る
所得に応じて負担、必要に応じて給付
法律で加入義務
国に代わって保険者(健康保険組合)が運営

 

  健康保険の種類

健康保険には4種類の制度(下表参照)があります。どれに加入するかは入社した会社(職場)の違いによりますが、いずれかの健康保険に入ることが、国民全員に義務付けられています。

 

みなさんは(1)の組合管掌健康保険である「東京紙商健保」に加入しています。

  健保組合の運営は民主的に行われます

健保組合は事業主(会社)と被保険者(社員)によって、互選された議員・理事(任期2年)によって民主的に運営されます。