読込中......
 
東京紙商健康保険組合
HOME お問い合わせ

【重要】新型コロナウイルスへの感染リスク軽減のため、極力郵送によるお手続きをお願いします。
  各種手続きについて、すべて郵送での届出が可能となっておりますので、窓口への来所はご遠慮ください。

X
 
お客様ID :
パスワード :
パスワード忘れ  会員登録
メニュー一覧

  健康管理・疾病予防

特定健診・特定保健指導とは?

ホーム > 健康管理・疾病予防 > 特定健診・特定保健指導とは?

特定健診・特定保健指導とは?
国民医療費の約3割、日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病。特定健診とは、こうした生活習慣病の予備群といわ
れるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目して行うもので、40歳から74歳までのすべての方が対象です。
健診結果から保健指導が必要とされた方には、専門スタッフ(医師、管理栄養士など)によるサポートが行われます。
これを「特定保健指導」といいます。

 

特定健診・特定保健指導の流れ

健診結果(ドック・定期健診等のうち、特定健診項目を満たすもの)から、


 【ステップ1】 内臓脂肪蓄積のリスクを判定


(1) 腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上
(2) 腹囲は上記未満だが、BMI(※)が25以上
 ※BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)
(いずれにも該当しなければ特定保健指導はありません)
 




 【ステップ2】 検査結果、質問票から追加リスク数をカウント


@からCで当てはまるものを、1個のリスクとしてカウントします。

@血糖 空腹時血糖:100mg/dl以上または
HbA1c(NGSP):5.6%以上

A脂質 中性脂肪  :150mg/dl以上または
HDL(善玉)コレステロール:40ml/dl未満

B血圧 収縮期血圧:130mmHg以上または
拡張期血圧:85mmHg以上

C喫煙歴:上記(@〜B)のうち、1つ以上に該当した場合にカウント
 




 【ステップ3】 保健指導のレベルをグループ分け

ステップ1 ステップ2 保健指導の内容
(1)の場合 @〜Cのリスク数が
2以上
 
積極的支援

1
 
動機付け支援

0
 
情報提供
(2)の場合 @〜Cのリスク数が
3以上
 
積極的支援

1または2
 
動機付け支援

0
 
情報提供




  【ステップ4】 保健指導レベルにあわせたご案内を行います。


 

  お問い合わせ

 保健事業係 平日9:00〜17:00
TEL 03-3666-2521
FAX 03-3666-2477